家事・育児

ずぼらな夫が育児を積極的にやるようになりました

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

まだまだ家事育児は「女性がやるもの」という意識が強いみたいです。
共働きなら、男性側も家事・育児には参加して欲しいですよね。
私もずぼらではありますが、家事・育児には積極的に参加するようになりました。
育児に積極的に参加するという事ではなく、私がやりたいと思うようになりました。
息子の成長を見るのが楽しく感じるようになり、仕事よりも楽しいと感じています。
私がどのようにして意識が変わっていったのか、
そして、妻に対しての意識についても書いてみようと思います

全くの役立たず

生まれた当初は全くの役立たずです。
子育てとしてやることと言えば、沐浴ぐらい
おむつの交換も教えてはもらいましたが、ほとんど妻が交換。
交換したおむつをゴミ捨て場に捨てに行く、ぐらいでした。

ウンチをしたら、「ウンチ出たよ~」と呼びつける感じでした。

でも、この時は自分でも育児をしているよ!っていう意識でいます。
これが大間違いでした。

少しずつ成長

妻のやっていることをみて、少しずつ自分もやってみようと思わせることです。
妻の疲れた顔を見て、休んでほしいなって思うこともありました。
また、体調不良でどうしてもやらなければならない状況も出てきます。
この状況でも、まだ妻に聞いているようではまだ駄目です。(私もまだこの領域まで行ってないです)
妻の指示待ちだったり、教えてもらえないと出来ないことが多いです。

どうしたら妻が満足してもらえるか

一つ、私が目標としていたのは、妻に子供から少しでも離れる時間を作ってあげたい、っていう思いです。
「産後うつ」や「虐待」なんていうことがニュースになっている中、
妻にリフレッシュする時間を設けた方が良いと考えました。
そのためには、夫に安心して任せるせて、外出できる環境を作ってあげることです。

そのためにはどうしたらよいか。

「自発的に動けるようになる」
必要があります。
けっこうハードル高いですけどね。
ある程度、やれればOKです。

「言ってくれればやるよ」は「受け身」となるため手伝ったことにはならないみたいです。
なぜなら「指示待ち」だからです。
自発的に動けていない状況なので、自発的に動けるようになってほしいみたいです。
そして、この言葉をいうときの気持ちとして、自分の責任を回避しようとしています。
仮に妻から指示を受けて、指示内容の事をやったとします。
それが、妻の満足度よりも低い場合は、物凄く怒りを買いますので注意が必要です。

子供の要求を把握する

自発的に動けるようにするためには、まずは子供の状況を把握する必要があります。
なんで泣いているのか、
眠いのか、お腹が空いているのか、ただ単に機嫌が悪いだけなのか、などなどありますが、
この中で一番重要なことを把握して、そのトラブルを回避できる能力を備えれば良いのです。

とにかく腹を空かせちゃいけない!ってなったら、ミルクを作ってあげる。

眠くなったら、上手く抱っこして寝しつける(結構大変)

機嫌が悪くなったら、とにかくあやす!

毎日子供と接することで何となくわかってくると思います。
分かっていなくても、思い当たることをいくつかやってみればうまく行きます。
何度も経験していけば、理解できます。
そして積極的に自発的に出来るようになります。
そうすれば妻の信頼も得られます。

妻からのお願いの仕方

妻が家事・育児をしているときに、のんびりテレビを見ていたり、スマホをしていたらおそらくイライラされます。
そのイライラのまま、家事育児を依頼したら、まずけんかになります。
波長の法則ってやつです。
自分の怒りが伝染してしまいます。

その時は、
「ちょっと申し訳ないけど」
「それが終わってからでもいいけど」
をつけて上げると良いかもしれないです。
意識として「やらなければならない」というのが芽生えてきます。
忘れた場合は「しまった!」って思うようにもなります。

あとは「ありがとう」って言ってくれたらうれしいですね。
「またやろう」という気になると思います。

逆も同じです。
夫から妻に何かお願いをするときも、同じようにお願いするとうまく行きます。
その時に自分の置かれている状況をみて、お願いの仕方に一工夫してみてください。

積み重ね

そして、何度か同じお願いをしてみると良いです。
そうすると「自分の仕事」という気持ちが芽生えてきます。
また、やるタイミングを覚えてきます。

「お風呂入れて」っていうお願いをする場合。
食事を作っているときに数回お願いをすれば、
食事を作っている姿を見れば、「お風呂にいれなきゃ」って思うようになります。
同じタイミングで、同じお願いをすると「やらなきゃいけない」という意識が芽生えます。

上手くいったことを共有

育児をしていると1日はあっという間に過ぎます。
上手く時間を活用すれば、自分の時間も少しずつ持てるようになります。
片付けの方法や時間短縮が上手くいったことを共有すると「やってみよう」となります。

我が家も家電にお金をかけて、家事時間を短縮したりしました。
また、今息子は4歳ですが、父の姿を見ているかどうかわかりませんが、積極的にお手伝いをしてくれます。
タオルみたいに簡単なものをたたんでくれたり、エアコンのリモコンスイッチを押して部屋を涼しくしたり温かくしたりしてくれます。

まとめ

以上のことが出来たら、妻の満足度も高くなります。
私は、今回のことが出来ているのか?と聞かれたら出来ていないです。
まだまだ修行中です。
しかし、育児に関しては積極的に参加し、意見しています。
困ったことがあったら相談し、私も「〇〇してみたらどうだろう?」と相談しています。
子育てに関して、妻は私の話に耳を傾けてくれます。
何かしらの壁にぶつかった時も、子供の意思も確認しつつ、相談しながら物事を進めていくことが出来ています。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ABOUT ME
どらてんえーいち
うつ病になり、リストラの危機にあっている中、会社にとらわれず 「自由に無理なく穏やかに生きていきたい」と思い、 そして好きなことをやりながら生きていけないか、 日々模索している毎日です。