投資・ローコスト

積み立てNISAをやって、資産運用しセミリタイアを目指してみる

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

積み立てNISAについて簡単に説明します

積み立てNISAって

簡単に言ってしまうと、年40万まで積み立てしていけば、得られた利益分に関しては、税金がかからないっていうやつです。
得られた収益って税金で持っていかれてしまうんですよ。
どういうことかっていうと…

A社の株を100円で100株買いました。
その後、どんどんと値上がりして、200円になり、持ち株全て売りました。
200円-100円=100円 x 100株だから、10000円の儲けだ!
ってなります。
しかしここで税金20%引かれちゃいます。
つまり手元に残るのは8000円って訳です。
(なんか、素直に喜べないような…)

NISAっていうのは、その儲かった分の税金払わないで良いですよ~っていうものです。

で、積み立てNISAは期限があります。
2018年から始まって、20年間です。
すなわち2038年までの適用ですね。

証券会社から商品の選択

「積み立てNISA」をやろう!ってなったら、証券会社などの選択です。
今はどの証券会社や銀行でも「積み立てNISA」の販売をしています。
各証券会社で「積み立てNISA」用の口座を作成して始めてみましょう。
また銀行でも口座の開設は行っています。

商品の選択

積み立てNISAとしては投資信託の商品を選べばうまく運用できると思います。
投資信託の商品選択ですが…これもいっぱいありすぎですよね。
何を選んだらよいのかな?ってなりまsu]。
以下のことを参考にすれば良いです。

信託報酬が安い

できるだけコストは削減したいですから信託報酬が低い商品を選択すれ良いです。

インデックス投資

何となくランキングで上位になっているのはインデックスの投資信託ですね。
その中でも日本株より全世界にバランスよく分散投資しているものであったり、米国株に投資しているものであったり、その辺の商品を選択していけば間違いないでしょう。
またまた、本も読んでみたり、身近な人に相談して決めたりするのも良いです。
私が参考にした本は「お金は寝かせて増やしなさい」です。
結構有効活用できました。

人口ピラミッド

日本は少子高齢化社会と言われて問題視されています。
これは今後の産業発展に成長性を見込むのは不利な状況です。
逆にアメリカは、若い世代も均等に人口が増えています。
そう考えると、アメリカや新興国を中心に組み立てた方が良いのかな、って考えも出てきます。。

積み立てNISAをやるにあたり初心者であれ、自分で少しでも調べて、自分が納得した商品で積み立てを行っていただくことをお勧めします。
パンフレットを読むもよし、本を読むもよし、誰か詳しい人に聞くもよしです。
私は、始める前に「お金は寝かせて増やしなさい」という本を読みました。
また、会社でちょっと話をする人がいたので、その方の話も参考にして、商品を選びました。

私は素人投資家です。
そんな私も、積み立てNISAについては満足しています。
「銀行に預けるより利息が付けばいいや!」って意気込みでやっているので。
積み立てNISAが有効な期間(2038年まで)は全力で積み立てよう、と決めています。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ABOUT ME
どらてんえーいち
うつ病になり、リストラの危機にあっている中、会社にとらわれず 「自由に無理なく穏やかに生きていきたい」と思い、 そして好きなことをやりながら生きていけないか、 日々模索している毎日です。