ゆるく生きる

うつ病経験者なのに親になっちゃった

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

子供が生まれて、親になりました。
まだまだ、父親になった自覚は出てきません。
どうしましょう…。

妻をサポートする良い夫。妻が満足していなかったら独りよがりです

生まれてからは夜泣きが約1ヶ月続き、母は寝る時間が確保できず大変です。
妻が大変なため、全然父親らしいことが出来ず、父親にになった感じがしないかもしれません。
妻が疲労感いっぱいで、赤ちゃんの面倒を見ている横目に「何かサポート出来ることを」と思い、今まで以上に積極的に家事に参入することがあるかと思います。
素晴らしい心がけです!
ぜひとも助けてあげてください!
しかし、そこで注意が必要です。

もし、今まで奥様が掃除や洗濯などをやっていた場合
一通りは自分のやり方でやってみてください。
そこで、奥様が不満に思うことが出てくると思います。
(洗濯物のたたみ方がしわくちゃだ!などなど)
奥様も、そこでちょっと指摘をすると思います。
その時は怒らず、その意見を聞き、やり方を聞いてみてください。
次回から、なるべく奥様の教えていただいた通りにやってみれば良いです。
(これでもなかなか満足してくれませんが)
この時点で、「自分も家事・育児やってるぜ!」思うのは時期尚早です。
とても悲しいことですが、継続的にやって認めてもらえます…

私の場合は、掃除・選択・日用品の買い物など時間のある時は、サポートしました。
また、妻よりも私の方が手は大きく、力があったので、沐浴は私が主にやっていました。
ここまでやっているんだから、「私は子育てに参画しているいわゆる、イクメンってやつだ!」って思っていました。
しかし、これは全くの思い込み。
妻から言わせると、「ここまでは、やって当たり前」とのこと。
厳しいです…(苦笑)

残念な夫

ドラマの中で、夫役だった玉木宏が、赤ちゃんがウンチをしたら妻におむつ交換の依頼をしていました。
実はこれは私もそうでした。
「小」だけの時だけだったら、私も全然問題なくやっていたのですが、ウンチに関しては妻に任せていました。
これができるようになるまでは、私もちょっと時間がかかりました。
育休中は妻が家にいて面倒を見ていたため、交換の機会が少なかったこと。
だから、どうしていいのかわからなかったのです(言い訳)
おしりを上げて、おしりふきでおしりを拭くだけなんですけどね。

私もそうでしたが、意外と生まれてすぐの時期に、ウンチの交換ができない父親が多いそうです。
一歩踏み出す勇気というのが、なかなか出てこないと思いますが、ここはあえて踏み出してみましょう!

父親としての意識の芽生え

ウンチした際の対応ができるようになってから、父親としての自覚が芽生えてくると思います。
子供が生まれたことによって、子供を中心とした、慌ただしい日々を過ごします。
これによって知らず知らずのうちに、「父親」になっていくんだと思います。
事前に準備してなるものではないです。
そして、過去にうつ病を経験している、とかそういうのも関係なかったです。

結局

子供が生まれたら自然と父親らしくなってきます。
焦ることはないです。
そして、慌ただしい毎日を過ごすことで、気分的に落ち込んだりしていられないです。
これにより、自分って過去にうつ病になっていた!?って思うこともあります。
きっと精神的にも充実した毎日が過ごせるようになると思います

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ABOUT ME
どらてんえーいち
うつ病になり、リストラの危機にあっている中、会社にとらわれず 「自由に無理なく穏やかに生きていきたい」と思い、 そして好きなことをやりながら生きていけないか、 日々模索している毎日です。