病気について

うつ病による休職(2)ダイエットネタもあり!?

休職して数週間は、何もやる気が起きないです。
起床時間と就寝時間は守りました。
しかし、日中もだるく感じて寝ていました。
自分でも「こんなに寝れるんだ」と感じました。

そして、自分を責め続ける日々でした。
「なんでこんなにメンタルが弱いんだろう」
「なんてダメな人間なんだろう」
「こんな状況で、本当に治るのかな。一生こんな感じなんだろうな」
でした。

ただ、少し前向きに考えてもいました。
「休み中に何とかメンタルを強くする方法は無いかな???」

1週間ぐらいしたら有酸素運動ぐらいはできるようになってきました。

有酸素運動

一日中家に引きこもっているような状況も良くないな、と思ってました。
妻が仕事に行った後、スロージョギングを30分やりました。

スロージョギングって??
早歩きの延長線上みたいな速さでジョギングをすることです。
マラソンなどやるような早いペースで走るのではなく、ちょっと早い程度の速さで長い時間走ることです。
ジョギングは「カロリー消費」
スロージョギングは「脂肪消費」
と言われていて、ダイエットにも効果的です。
私はこれを長いこと続けましたが、約3ヶ月で3kg痩せ、その後リバウンドすることなく体重をキープできています。

また、当時流行っていた「ビリーズブートキャンプ」をやりました。
やったことある方いると思いますが、これ非常にきついです。
部活です。
きつくて、何度も一時停止して休み休みやり切っていました。
これ、うつ病に効果があったかは不明ですが、一週間やり切ったら体が締まりました。
体のラインを整える、という意味では本当に効果ありました(笑)

家のことを少しずつ…
家のことも少しずつやれるようになりました。
料理を作るのだけは、苦手で避けてはいましたが、簡単なものを作ったりはしました。
ただ、凝ったものを作るのはできなかったです。
洗濯物の出し入れ、掃除機掛け、トイレ掃除などはやることが出来てきました。

自分の中を鍛えるには…

何をやれば良いのかわかりませんでしたが、思い浮かんだのは「座禅組む」ぐらい(笑)
「やりたくないなあ」って思いました。
そこから色々と関連して…
「座禅はできないけど、四国八十八カ所巡りならできるかもなぁ」って思ったり、
「写経」も良いなあ、と思ったりして、近くのお寺で写経のやっているところを探したり、
「滝行」なんかも考えたけど、近くに滝行できるところがないな、って断念したり…
とにかく「修行」っていう感じの事を探していましたね。
(今改めて書いてみると、仕事するより厳しいことをやろうとしていたな…)

休職中の旅行について
よく休職中に「旅行に行きました」とSNSにアップして、「会社休んで、何やってんだ!」みたいな感じで炎上することがあります。
私は指摘する側の気持ちは重々わかります。
もし私が元気だったら、指摘まではしないけど、不快に思うかもしれないです。

この場合の私の意見としては、旅行に行っても良いと思いますが、「SNSにアップするのは軽率かな」と考えます。
長い期間療養しますが、ずっと引きこもっているわけにもいきません。
外に出て有酸素運動することも大事ですし、回復時には復帰に向けて就業訓練をするため、毎日のように外出をします。

「運動ができるんだから、仕事することもできるでしょう」というのと同じだと思います。
「旅行すること」に指摘をするのであれば、「運動すること」も指摘するのも筋だよな、とも思います。
自分の体のことは自分しかわからないので、回復するためには何をすればよいのか、自分の中で色々と考えてやってみることが必要です。
それに、休職中は会社から給料出ないので、文句を言われる筋合いはない!って思いますよね。
しかし、休むことによって「同僚の業務負荷を増やしてしまっている」ということに関しての配慮は必要かと思われます。
注意が必要です。

お金は寝かせて増やしなさい [ 水瀬ケンイチ ]

価格:1,620円
(2019/9/17 05:15時点)
感想(17件)