病気について

うつ病で休職から職場復帰時に気をつけること

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

復職が決まりました。
長いこと休んでしまったけど、気力は十分。
今まで迷惑かけた分、しっかり働こう!
そう思う方も多いと思いますが…

復職後の勤務

復職した初日は、
上司にあいさつ回り
周りに一緒に仕事している人にも挨拶をしてほとんど終了課と思います。
ある程度、気持ちも落ち着いて一段落したところから業務をやることになるかと思います。

復職後の勤務

時短勤務(午前勤務のみ、午後勤務のみ、コアタイムのみ)があるかと思います。

私の場合は慣らしもなく、普通の通常勤務でした。
当時は私のようにうつ病で復職するプログラムが出来上がってないため、通常勤務だったのだと思います。
※うちの会社の復職プログラムは、リワークが終了したら、コアタイムのみの時短勤務。
徐々に勤務時間を延ばしていく、というシステムになりました

開き直り

復職する際に、「周りの目が…」とか気になるかと思います。
うつ病で休職しているので、信用は無くなっている可能性大です。
「私のことを腫れもの扱いしてくれて結構」という気持ちで挑むと楽になります。
また、仕事中に1人で黙々と仕事して、仕事以外の話はしなくてもいいやって思えるぐらいの方が上手くいきます。
「誰も話しかけてくれなかったらさみしいな」などと思うようなことがある場合は、復職しても周りの目が気になったりして、すぐになじめない可能性があります。

ある意味、自暴自棄的になるぐらいがちょうど良いかもしれないですね(苦笑)
「会社が俺の体調を悪くしたんだ。こうなったら、仕事はそこそこして、しがみつくだけしがみついて、給料はしっかりもらってやる~」
とも思えるぐらいの方が良いでしょう。
こんな考え方にもなれば、メンタルは少し強くなっているかもしれません(苦笑)

そんな心構えでいましても、やっぱり復職の時はちょっと緊張すると思います。
ただ、「再度休職することだけは避けたい」です。
そのためには、
「無理しないで、残業しないで帰る」
「自分の体のことを1番に考える」
ことを最優先してください。
そして復職しても、
「生活リズムは崩さずに生活していく」
ことも考えて生活をしましょう。

アニマルセラピー

動物を飼うことで、心の病気が快方に向かう、ということもあります。
しかし、動物を育てることは、並々ならぬ覚悟が必要です。
動物を育てることで、まず一番やらなければならないことは
「飼った動物よりも先に死なない」
ということです。

私たち人間は、自分の力で生きていくことは可能ですが、飼われた動物たちは野生の動物に比べたら、生きる術がないです。
飼い主が先に死ぬことは、飼われた動物にとって不幸です。

動物を飼うことより、うつ病からくる「希死念慮」は回避できます。
また、気持ちも落ち着いて来ると思います。
しかし、動物の世話をすることは大変です。
「かわいい」だけではない、と言うことを肝に銘じてください。
そして並々ならぬ覚悟が必要であることをも考慮してください。

復職後の週末

1週間無事に勤務できれば、上出来です。
気分できにもホッとすると思います。
緊張感のある中での勤務となるので、休みは疲れると思います。
急に生活リズムが変わりましたし、ストレスもあったので疲れるのは当然で、徐々に慣らしていくしかないです。

職場復帰の際に気をつけること

無理をしない
自分の体のことを1番に考える
生活リズムを変えない
周りの目は気にしない

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ABOUT ME
どらてんえーいち
うつ病になり、リストラの危機にあっている中、会社にとらわれず 「自由に無理なく穏やかに生きていきたい」と思い、 そして好きなことをやりながら生きていけないか、 日々模索している毎日です。