ゆるく生きる

うつ病から復職後、本格的な業務を始めるあたり注意すること

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

復帰してから、リハビリ勤務が続いていけば、上の方も「そろそろ、本格業務を」という気になってきます。
簡単な作業をやってて、再休職することなく、長期の休暇を取ることもなく何とか業務をこなしていけば、いよいよと本格復帰です。

私の場合は、製品の開発業務を行っていましたが、出張などが多い業務で、会社から出張が禁止されていた私は、課内でも少々扱いにくい存在となっていました。
また、業務についても自分に合っているか、って言われたら、そこまで合っている業務でもなかったため、自分でも物足りなさを感じていました(わがままだな…)

異動が上手くいくことも

うつ病から復帰する場合は、出来るだけ「元の部署で」というのが良いとされていることを聞きますが、異動が上手く作用することもあります。
心機一転、ゼロからのスタートと気持ちを切りかられることからも好転するケースです。

私も異動の話が来ました。
異動を上司から言われた時に、「こんな自分を受けいれてくれるのか」聞いてしまいました。
「それは異動先の上司も知っているから、今まで通りで大丈夫。」
ということから、異動して心機一転業務をすることとなりました。

信頼を失うのは一瞬だが、信頼を得るには時間がかかる

とにかくゼロからのスタートだと思った方が良いです。
まずは与えれた課題を1つ1つ丁寧にこなすことです。
未経験であれば、仕事の解決の糸口を探してみると良いです。
ネットで検索することも出来るし、仕事の依頼をした人と相談してみるのも良いです。
そこには必ずヒントがあります。
依頼した人は、そんなに難易度の高い業務は振ってきません。
そんなに難易度の高くない業務や課題を一つ一つ解決することで、信頼が得られます。
そして、自分の中で「そんなに大したことではないのにな」って思っていても、周りにはものすごく感謝されることもあります。

異動先の上司は、私に業務の課題を与えて期日までに納品するように指示しました。
その業務は、チームでやることではなく、自分で何事も解決して対応をしなければなりませんでした。
復帰後のリハビリ業務としては、少々ハードルが高いかな、とも思いましたが、一人で黙々と作業が出来たし、勉強もしながらできました。
とにかく、一つ一つ出てきた課題を落ち着いて解決していきました。
また完成した業務を発表したら、物凄く感謝されたこともありました。
課題解決の積み重ねで少しずつ、上司からの信頼を得ることが出来ました。
成績も、少しずつ良くなって、自分の自信にもなってきました。

人より思いっきり遠回りしたけど、
信頼を取り戻すためにはとにかく、一歩一歩落ち着いてやっていくことが大事
なんだな、ということです。

本格復帰

一つ一つ課題を克服することで、信頼を得ることができます。
信頼が得られれば、またちょっと難しい仕事が回ってきます。
ステップアップして、いよいよ本格復帰です!

上司もこれを見て、本格復帰させてくれました。
一つの製品を私に任せてくれました。
私はすごく嬉しかったです。
「仕事を任せてもらえた」ということより、「ここまで回復した」ということの方が大きかったです。

しかし、プロジェクトは大きな負荷があり、結構大変でした。
何とかこなし、無事に大きな問題なく発売することはできたのですが、精神的にはかなりきつかったです。
ギリギリのラインで、もう少しストレスがかかっていたら、再発していただろうな、と感じたぐらいです。
そして、「自分には厳しいんだな」っていうことが分かりました。
己を知ることが出来ました。
ここまでやれる。
これ以上やったら壊れる。
というラインが引けました。

復職して10年以上たちますが、気分的に落ち込むことなどたまにありますが、休職することもなく仕事も適当にこなせています。
生活していく分にも困らない程度の収入を得ています。

本格復帰後

常に自分自身を見つめて、「どこまで行けるか」というのを考えながらやっているため、再発することが無かったと思います。
何事も無理をしてまでやらないことが大事
ということです。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ABOUT ME
どらてんえーいち
うつ病になり、リストラの危機にあっている中、会社にとらわれず 「自由に無理なく穏やかに生きていきたい」と思い、 そして好きなことをやりながら生きていけないか、 日々模索している毎日です。