家事・育児

トイレトレーニング

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

2歳から3歳ぐらいになるとおむつからパンツになります。
ただ、これは個人差があるので多少の誤差があります。
多少遅れてもあせることなく、お子様の成長に合わせてトレーニングを始めて良いです。

トイレトレーニングを始めるタイミング

トレーニングを始めるタイミングとして、以下が条件となります。
・自分でちゃんと歩ける
・自分で「おしっこ」と伝えられるようになる。自分の意思を伝えることができる。
・おしっこの間隔が2時間以上あく
です。

保育園などに通っている家庭では、おしっこの間隔が2時間以上あくのはわからないと思います。
保育士先生に状況を確認してみるのも良いでしょう。

私の息子は2歳になる前の夏にトイレトレーニングを開始しました。
私と妻は、「3歳になってからやるか」って思っていたのですが、
保育士先生から、
「おしっこの間隔が2時間以上空いているし、これから夏休みになるので、絶交のチャンスです!」
って言われたのでトレーニングを開始しました。

トイレトレーニングをやる時期

春・夏が良いと言われていますが、これは、薄着の季節だからです。
パンツ一丁の時間が長くても風邪ひくことが無いためです。
ただそれだけの理由です。
だから、いつ始めても問題ないです。
子供は春夏にトイレトレーニングに合わせるように成長はしてくれませんので、
ちゃんとタイミングが来たら始めましょう。

トレーニングの流れ

トイレを教える

まずはおまるを教えます。
「ここでおしっこをするよ~」と優しく何度も教えます
私も繰り返し教えました。

トイレに誘ってみる

「おしっこが出そうだなあ」って思うタイミングでトイレにつれて行ってみると良いです。
おしっこが出なくても、「ここでトイレをする」という意識を植え付けていくとスムーズです。

うちの息子はトイレの便座に座るのに怖くて抵抗したため、おまるでやりました。
おしっこが出なくてもパンツを脱いで、おまるに座らせていました。
そうすることで、「おまるでおしっこをする」という意識をつけていきます。
今は、色々なおまるがあって、洋式便座っぽいおまるを使ってました。
そのおかげか、家のトイレへの移行もすんなりいけました。

トレーニングパンツをはいてみる

おむつではなくトレーニングパンツをはいてみます。
今の紙おむつはとても性能が良いため、おしっこを吸収して子供不快感を与えません。
トレーニングパンツは、おしっこを漏らしはしませんが(量が多いと漏れますが)、「おしっこした」という不快感があります。
おしっこした時の不快感を覚えさせます。
不快感を覚えると、自然と「おしっこ」と申告するようになります。

決して怒らない

トイレを失敗しても、「おしっこが出る」と言って結局出なかった場合も決して怒らないでください。
まだまだ、練習です。
上手くできなくて当たり前。
自分でおしっこが出る感覚を覚えていく段階です。
決して叱らず、教えていってください。
おしっこをお漏らししちゃったら、「次、おしっこ出そうになったら教えてね」
おしっこ申告をしたけど出なかった場合は「今回は出なかったけど、また出そうになったら教えてね」
って感じで良いです。

うまく行ったときは大げさに褒める

ちゃんと申告しておしっこが出来たら、たくさん褒めてください。
子供が笑顔で「できた」って思えたら、次回も同じように「おしっこ」と申告をしてきます。

うちの息子は、トレーニングパンツをはいている時に思いっきりおもらしをしました。
足から滝のようにおしっこが流れてきたんです。
息子にとっては、とてもショックだったのか、それとも不快感だったのかわかりませんが、
その光景を目の当たりにし、号泣してしまいました。
(私も妻もは何も言っていないです)
その時に
「大丈夫。大丈夫。泣かなくていいんだよ。次、今みたいにおしっこ出そうになったら教えてくれる?」
と話をしました。
ただ、これがきっかけでトイレトレーニングは終了しました。
次回からは、ちゃんと申告して、そしてトイレに行くようになりました。
トイレが上手く行く度に褒めまくりました。
そしてシールも張っていました。

トレーニング期間は約5日
その後、数回失敗はすることはありましたが、足から滝のようにおしっこが流れてくるような大事故でになりませんでした。

トイレトレーニングはタイミングの適した時にやった方が良い

早すぎた場合は、また再度タイミングを見計らってやれば良いので問題はありません。
しかし、適したタイミングを大きく逃すとトレーニング期間が長くなる恐れがあります。
子供は日々成長して、脳も発達しています。
適した時期を逃したまま、トレーニングをやらないと子供は「おむつにおしっこする方が楽ちんでいいや」って思うみたいです。
そのため、トイレートレーニングの期間が長くなってしまう恐れもあります。

息子の通っている保育園の子ですが、保育士先生からも「そろそろどうでしょう?」と夏頃に言われていたのですが、
仕事が忙しく、トレーニング時期を先送りしていました。
しかし、いよいよ進級間近で保育士先生からもあおられ、かつ周りの子はすでにトレーニングが完了している状況を目の当たりにした時、
親も「やばい」と思ったらしくトレーニングを開始しました。
親は「パンツはいて練習しよ!」というのですが、
子供はイヤイヤ期も重なっているためか「めんどくさいからやだよ!おむつでいいよ!」なんて言っていました。
言葉も上手く話せるので、言い訳も上手いです。
保育士先生も巻き込んでの説得で少々大変そうでした。

トレーニングする段階でない場合は焦らなくても良いですが、
トレーニングする段階なのに時期を先延ばしするのは、あまりお勧めできません。

まとめ

適した時期にトレーニングを始める。先延ばしにしすぎると、トイレトレーニングが長くかかってしまう可能性が出てくる。
トイレトレーニングの期間は約1週間もあれば、ちゃんとトイレで出来るようになります。
おもらしした状態に不快感を示したら、もうトイレできるようになってきています。
失敗しても決して怒らないように。できたときは大げさに褒める。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ABOUT ME
どらてんえーいち
うつ病になり、リストラの危機にあっている中、会社にとらわれず 「自由に無理なく穏やかに生きていきたい」と思い、 そして好きなことをやりながら生きていけないか、 日々模索している毎日です。